AirMac Time Capsuleを買ってみた

自宅のWiFiルータの調子が悪くなり、たまに繋がらなくなってしまいました

MacやiPadはすべてこのルータを経由して接続していますので故障するとかなり困ります

ということでルータを買い替えることに

いろいろ考えましたが結局買ったのはコレです↓

airmac-time-capsule_01

 

今使っているMacは802.11acに対応していますのでルータも802.11ac対応のものを探しました

最近は11ac対応のものもかなり増えてるんですねぇ

(かなり昔と比較してますがw)

あまり理由はありませんが、設定とか面倒なのはイヤなのでとりあえずApple製品にしておこうかと

そうするとAirMac ExtremeかAirMac Time Capsuleが候補になります

Extremeに2TBのHDDがつくとTime Capsuleという感じですが価格差は1万円です

ということで複数台のMacのバックアップのためHDDがあるTime Capsuleを購入することになったわけです

 

Apple製品は開封するときにワクワクさせてくれる感じがしますw

この箱、最初開け方がよくわからなかったのですが上方向に引き上げるように持ち上げると開きます

HDDが入ってますので開封は慎重に・・

airmac-time-capsule_02

airmac-time-capsule_03

 

本体の下には説明書やケーブルなどの付属品が入っています

airmac-time-capsule_04

airmac-time-capsule_05

 

本体にはフィルムが貼ってありそっと剥がしてからケーブル類を接続します

4つのEthernetポートがあります

USBにはプリンタや外付けHDDを接続できるようです

airmac-time-capsule_06

 

USBポートは今は利用しませんので接続するのは電源とEthernetケーブルだけ

設定もMac側のAirMacユーティリティから簡単にできます

 

11acになったので少し速くなった・・ような気がしますw

早速タイムカプセルの設定をしてバックアップを実施しました

当然、AirMac Time CapsuleのHDDはバックアップだけでなくファイル置き場として利用できます

音楽や写真などストレージ圧迫しているものをすべて移動させました

ただし、注意しないといけないのはAirMac Time CapsuleのHDDは冗長化されてないということ

つまりAirMac Time Capsule内のHDDなどが故障するとデータが消失する可能性があります

オンラインストレージなどとうまく組み合わせてバックアップしてあげるのが良いと思います

さらにユーザごとにパーミッションを設定して専用フォルダを作ることができますし、フォルダのデータをシェアすることも簡単にできます

このあたりの使いやすさは素晴らしい

 

個人的にちょっと嬉しかったのは、HDDが入っているにもかかわらず音がほとんどしないこと

自宅にあるNASはかなりうるさいのですが、これは静かなのでデスクの上に置いていても気にならないレベルです

 

ストレスのないWiFiとバックアップ 環境をゲットできて満足!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。